セミナー動画
ご覧いただきありがとうございます。
動画コンテンツをお楽しみください。
※コンテンツ動画の無断転載はご遠慮ください。
※通信料はお客様負担となります。

人生100年

掲載中のコンテンツ

掲載期間:1月30日~3月31日

<1月30日開催>

はじめてみよう!新しいNISA

新しいNISAがついに始まりました!
新しいNISA制度ってどんな制度?
NISA制度を使ってどんな投資や資産形成ができる?
そんな疑問にお答えいたします。
新しいNISAを使った資産形成の第1歩に、
ぜひ本セミナーをご活用ください!

\ 簡単なアンケートにご協力願います /
(所要時間3分)

WEB完結!NISA口座、投資信託口座申込はこちらから

\WEBで投資信託・NISAをはじめませんか?/

POINT
01

来店不要!24時間365日お申込みが可能です。

POINT
02

投資信託口座と同時に「NISA口座」のお申込みが可能です!

POINT
03

投資信託の売買申込や運用状況等について、銀行に来店することなく
常時PCやスマートフォンでお取引可能です!

お得にNISAをはじめよう!期間限定キャンペーンのご案内

WEBで投資信託スタートキャンペーン

WEBで投資信託スタートキャンペーン

留意事項

セミナー動画に関する留意事項
  • 本資料で使用している各種データは過去の実績に基づくものであり、将来にわたって保証されるものではありません。
  • 動画では、金融商品の商品性についてご紹介を行う場合があります。
  • セミナー終了後に、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
  • 動画の無断転載はご遠慮ください。
  • 通信料はお客様負担となります。
投資信託に関する留意事項
  • 投資信託は、預金保険機構の保護の対象ではありません。また、当行で取り扱う投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は、クーリングオフ(金融商品取引法第37条の6の規定)の適用はありません。
  • 投資信託の運用による損益は、投資信託を購入されたお客さまに帰属します。
  • 投資信託は金融機関の預金とは異なり、元本及び利息の保証はありません。
  • 投資信託は、国内外の株式・公社債などを投資対象にしますので、組入有価証券の価格の下落や、組入有価証券の発行体の財務状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。また、為替レートの変動の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。
    したがって投資家のみなさまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
  • 投資信託は、ご購入時等に各種手数料がかかります。
    【例】申込手数料(申込代金に対し最大税込3.3%)+信託報酬(純資産総額に対し最大税込2.09%)+信託財産留保額(換金時の基準価額に対し最大0.5%)+その他費用
    ※その他費用については、売買条件等により異なるため、あらかじめ金額または上限額等を記載することはできません。上記手数料等の合計額についても、保有金額または保有期間等により異なるため、あらかじめ表示することはできません。
  • 当行は投資信託の販売会社です。投資信託の設定・運用は、運用会社が行ないます。
  • 商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面(目論見書および目論見書補完書面)等をよくお読みいただいたうえ、 ご自身でご判断下さい。
  • 当行制定の勧誘方針に基づき、お客さま保護の観点から、お申込みをお断りする場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※本ご案内は、作成時点における法令その他の情報に基づき作成しており、今後の改正等により、取扱が変更となる可能性があります。

※本ご案内は、投資信託およびNISA制度についてお伝えする目的で作成されたものであり、個別商品の勧誘資料ではありません。

NISAに関する留意事項
  • NISA口座は開設する年の1月1日において、日本にお住まいの満18歳以上の個人の方が開設できます。
  • NISA口座は、全ての金融機関を通じて、お一人さま1口座に限り、開設することができます。(金融機関を変更した場合を除きます。)
  • NISA口座開設後に行う税務署審査の結果、二重口座であったことが判明した場合、NISA口座で購入した投資信託は当初から課税口座で購入したものとして取り扱います。
  • NISA口座内で損失が生じた場合は、特定口座や一般口座で保有するほかの投資信託の売却益や分配金との損益通算はできません。また損失の繰越控除もできません。
  • 投資信託の分配金のうち、元本払戻金(特別分配金)は非課税であり、NISA口座での非課税メリットを享受できません。
  • 課税口座で既に保有している投資信託をNISA口座に移すことはできません。
  • 2024年1月以降、新しいNISA制度へ改正され、NISA口座の非課税投資枠はつみたて投資枠が年間120万円、成長投資枠が年間240万円、合計最大年間360万円まで投資が可能となりました。非課税保有期間は無期限、口座開設期間は恒久化され、非課税保有限度額は全体で1,800万円、成長投資枠はそのうち1,200万円となります。
  • 非課税保有限度額については、買付け残高(簿価残高)で管理されます。このため、NISA口座内の商品を売却した場合には、当該商品の簿価分の非課税枠を翌年以降再利用できることとなります。
  • つみたて投資枠および成長投資枠は同一の年に2つの枠を併用することができます。

※本ご案内は、作成時点における法令その他の情報に基づき作成しており、今後の改正等により、取扱が変更となる可能性があります。

※NISAに関する詳細、2023年までのNISA(旧制度)に関する留意事項等は、当行ホームページまたは店頭でご確認ください。

もみじ銀行 商号等 株式会社もみじ銀行
登録金融機関 中国財務局長(登金)第12号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会